食育の様子  年少組  年中組  年長組

7月ピザパーティー   9月カレーパーティー   10月栗ごはんパーティー

 

main

自分たちで育て、自分たちでいただく

自然を媒介に田んぼづくりや野菜づくり
「命の大切さや自然や環境を守っていくこと。労働の喜び」など
たくさんのことみんなで学び合っています。

 

  • low_image01
  • low_image03
  • 素材を知って、いただきます

    無農薬・有機栽培はもちろん、その素材自体を伝統的な農法で育てています。
    例えば、みんなで餅つきを楽しむためのもち米づくり。
    みんなで田植え、虫おくり、稲刈り、天日干しまで。
    その過程、「なぜ?」「こうすると、こうなるね」といった自然の在り方を
    こどもたちの目で、鼻で、手で感じてもらいます。

 

天徳の給食-食べることは生きること

天徳幼稚園では無(減)農薬、有機栽培、無添加にこだわった薄味の和食を
給食で提供しています。楽しくおいしくなんでも食べられるような
こどもたちになるよう、丸ごとの魚や珍しい野菜を時々展示したり、
給食づくりに参加してもらったりして食べる意欲を育てます。
魚も骨なしの切り身から徐々に骨付きを出し、
3学期には骨付きのかわはぎを丸ごと一匹きれいに食べます。

  • image05
  • low_image06
  • low_image07

 

  • 天徳幼稚園では食べることの大切さを伝える保育をしています。
    伝える時はタイミングが重要。運動会の前に食べ物が身体を強くすることを話すと、こどもたちは「跳び箱を5 段跳びたい」「速く走れるようになりたい」などと言って、よく食べるようになります。
    2 学期の運動会が終わった後には食べる幅が広がり、噛む力がついてきます。
    その時期はちょうど根菜類が多く出てくる季節。image_mukaide
    あえて大きめに切ることで噛む力がさらにアップします。
    最初、野菜が食べられなかったこどもも、いつの間にかおかわりをするぐらいになっています。

    栄養士の向出美和先生

 

headline